3つのブロック構成

XHTMLは3つのブロックで構成されています。html 要素の中はhead要素とbody 要素のふたつに分かれる。 head要素内にはぺージの基本情報を、 body 要素内にはブラウザで表示されるページの本文を指定する。 XML宣言を記述した場合、 IE 6が「後方互換モード」というレンダリングモードを採用してしまうという、よく知られたバグがある。具体的には、他のブラウザと、著しく表示が 異なってしまうのである。したがって、 XML宣言は記述しないケース が少なくない。もし記述するのであれば、 IE6の調整作業がかなり必 要であることを織り込む必要がある。 文書型宣言は、そのページが準拠する文書型にあったものを記述する~XHTML 1 .0 Strict 、Transitional 、 Frameset 、XHTML 1.1 でそれぞれ異なる内容を記述する点に注意しよう。