ターゲットブラウザ

ターゲットブラウザでの表示確認と調整の流れは、おおよそのとおりである。大切なのは、まず XHTMLとCSSのソースコードをきちんと検証(バリデーション)しておくことである。記述ミスや 書式上のエラーがあると、スタイルがきちんと適用されないことが多いからだ。 CSSはもちろん、 XHTMLの検証も忘れないようにしよう。 その後、 CSSサポートのよいブラウザ、やや劣るブラウザ、かなり劣るブラウザという順序で表示確認し、調整作業を行う。実務的には IE 7とIE 6の調整作業が中心となるケースがほとんどである。 なおどのブラウザをターゲッ卜に含めるべきかは、 ホームページごとに異なる。ターゲットブラウザについては、「要件定義書」や「制作仕様書」など ホームページの前提条件を決めたり、具体的な制作方法を決める文書にはっきりと書いておくのが大切である。 通常、 XHTMLとCSSを制作するときには、「基準ブラウザ」を決 め、表示を確認しながら作業を進める。いわば「最初のレイアウト固め」に使うのが基準ブラウザだ。 CSSサポートが劣るブラウザ(lE6やIE 7) を基準ブラウザとして 作業してしまうと、自分のせいではなくブラウザのせいでスタイルが適用されなかったり、 CSS仕様にもとづいた正しい配置を行ってくれな いことがあるため、作業効率が著しく低下する。したがって、 CSSサポートのよいブラウザを基準とし、作業を進めるとよい。 なお、 Windowsマシンには複数のバージョンの IE をインストール することはできないので、検証にマシン環境を用意しておくか、 lnternet Explorer Collectionなどのスタンドアローン版 IE8や、 lETesterというシミュレーターをインストールするなど環境を整 えておこう。